World Championship 旅行 1日目[090813] 

090813_0225~02

Overworking gave me enough money to go to the Worlds !
行ってきましたサンディエゴ。
成田エクスプレスで2時間、JALで10時間、タクシーで2時間、
付いたのはカリフォルニア州サンディエゴの
ヒルトン・サンディエゴ。
なんとハイソなツアー。

尚、今回かげ氏をはじめとするうなぎ教のみんなと
同行させてもらいました。
ありがとうございます。
ホテルに着くと、
早速ロビーで世界中のポケモン大好き野郎共が
トレード&対戦を繰り広げているのを発見。
イベント開始まであと2日もあるのでまだそれほど数は多くありませんが、
休憩スペースはどこもかしこもポケカだらけ。
普通だったら「他のお客様のご迷惑になりますので…」
みたいな感じでホテルのスタッフが止めに来ると思うんですが、
そんなことは全くなくてもう放任状態。
さすがは自由の国アメリカ。

そんな訳で、チェックインも済ませずそのまま
あちらこちらの対戦を観戦したりトレードしたり。
僕は日本から持ってきたスリーブと
海外版のスリーブの交換をメインにしてました。
と、同時にもう一つ。

あまりにも配られすぎて日本では最早ゴミのような扱いを受けている
とりかえっこキャンペーンのカードをごっそり持ってきました。

090813_0105~01

現地のちびっ子達にこれを配るんですよ。
裏向きにして扇形に広げ、
「Hey boy(girl), Pick one. Take free !」

「てんきゅうー」
みたいな感じの可愛らしいお礼といい笑顔が帰ってきます。
あああかわいすぎる。

・・・

現地の人たちとは当然英語で会話しなくちゃいけないので
片言の英語で四苦八苦しながらのトレードになるんですが、
puckyというハンドルネームの
片言の日本語を喋る謎の中国人がちょくちょく助け舟を出してくれて
仲良くなりました。
日・中・英3ヶ国語対応の便利なお方です。
好きなウェブサイトは「ニコニコ動画」、
「チルノのパーフェクトさんすう教室」がお気に入りだそうで。
濃いな。

今回は香港選手団の通訳として来場しているとのこと。
どうやらノルウェーでいうところのテゴっぽいポジションの
香港のポケカ界のすごい人らしくて、
向こうのポケカ事情を色々聞くことができ大変興味深かったです。
この辺りいつか記事にまとめて紹介したいと思います。



そして夕方になってTegoの一家が到着。
どうやら僕が今回サンディエゴに来てるのを知らなかったらしく、
驚きの再会となりました。
Tegoは今回ジャッジではなく日本選手団の通訳スタッフに専念するとのこと。
最初会ったときはほとんど日本語通じなかったのに、
いつの間にか日本語で仕事してるなんてすごいなあ。

Tegoのお父さんがサンディエゴのホテル周辺の地理に明るいらしく、
この日は日本から同行しているみんなと
Tegoの家族とで一緒に食事に行ってきました。
店の場所も注文も支払いも全くわからない中、
Tego家はバリバリ英語喋れるので大変助かりました。

・・・

そして恒例の枕投げなどをやった後就寝。
到着当日だけで相当遊んだ気がするけど、
まだ翌日ももう1日フリー。
遊ぶぞー。
[ 2009/08/29 17:07 ] レポート | trackback(0) | comment(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nimonote.blog105.fc2.com/tb.php/115-a3376aa5