スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【デッキ】ドクロッグG・マニューラG(ハーフ:DP1~DPt1) 

DPtはとりあえずこれ。
今回の目玉であるSPポケモンで組んだ
Gウィニーです。
デッキ名:Gウィニー
フォーマット:ハーフ:DP1~DPt1
作成時刻:2008/10/11 23:40:22

ポケモン:8枚
2: スカタンクG[ギンガ](DPt1)
2: ドクロッグG[ギンガ](DPt1)
2: マニューラG[ギンガ](DPt1)
2: ドータクンG[ギンガ](DPt1)

トレーナー:15枚
1: ワープポイント
2: ハマナのリサーチ
2: ギンガ団の発明G-103 パワースプレー
2: ギンガ団の発明G-105 ポケターン
2: ギンガ団の発明G-101 エナジーゲイン
2: アカギの策略
2: ハンサムの捜査
2: ギンガ団のアジト

エネルギー:7枚
4: 超エネルギー
2: 悪エネルギー(特殊)
1: 悪エネルギー(基本)

【主なカード】
・ドクロッグG
条件が揃えば低コスト高出力。
その他の効果を受けないボディーも優秀。

・マニューラG
序盤の展開から後半の駄目押しまで。
平均出力は80~100程度。

・ドータクンG
エネルギーを動かしてポケターン等、
トリッキーな戦いが可能に。

・スカタンクG
ドクロッグのために必須。
スタジアムと同時に場に揃えるのが意外と難しい。

・ギンガ団の発明G-103 パワースプレー
セットアップを打ち消したときのアドバンテージが絶大。


誰もが試しに組んでみたであろうこのデッキ。
構築はハーフデッキの典型的なたねウィニーの形を踏襲しており、
プレイングの感覚はマグマウィニーと非常に近いように感じます。

2進化等大掛かりなギミックのデッキに対しては
パワースプレーで展開を阻害でき、
1進化やたね等コンパクトなデッキに対しても
ポケターンとギンガスイッチを駆使して手数を稼げるなど、
意外と使い勝手のよいデッキに仕上がりました。
不安要素はやはり出力の不安定さでしょうか。
未知数ではありますが、
既存のメタゲームに食い込んで来るだけのスペックは確実にあります。
今後に期待。
[ 2008/10/11 23:47 ] デッキ | trackback(0) | comment(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nimonote.blog105.fc2.com/tb.php/13-eb9d9a00




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。