【レポート】WCS2010滋賀県予選[100125] 

100124_1259~01

結果発表。

マスター
1位 ガブリアスC LV.X・レントラーGL LV.X・ゴウカザルLV.X(たねぼーぱぱさん)

シニア
1位 ガブリアスC LV.X・レントラーGL LV.X・ミュウツーLV.X

ジュニア
1位 カイリキー・ドンファン(たねぼー娘さん)

受験戦争から帰ってきたそーとが
WCSに出場するので応援に行ってきました。
僕は選手でもないし保護者でもないので、
デッキのパーツだけ渡してロビーで油売ってただけですが。
今回僕はギャラドスとガブレンを考えていたのですが、
そーとは慣れているSPが使いたいとのことでガブレンの方をチョイス。
いつも通りの前日構築です。

予選は4-0、6-0、6-0の3連勝で突破。
滋賀県のシニアなのでここまでは予定通り。

決勝は少し構築をミラーマッチ寄りにシフト。
しかし1回戦目で出てきたミュウツーを捌ききれず
ここで敗退となりました。
うーん無念。

結局、ガブレンが全リーグを制覇したようです。
調子こいてるなあガブレン。
ぎゃふんと言わせたい。



中の様子を伺い知ることができなかったので特に書くことはありません。
時間が大分余った分そーととギャラVSガブレンでスパーしてたので
そっちの感想を書きます。

・サイド4-6くらいから試合が動く。
・展開でもたついてる間にヤミラミが落ちると動きが止まる。
・ギャラドス側は頭数さえ揃っていれば何を狩られても特に痛手にならなさそう。
・タイムウォークをスプレーされると出力ガタ落ち。それ以外スプレーを打つことはほとんどない。
・時空を引くタイミングと帯を引くタイミングが流れの分かれ目。
・ダウナーマテリアルは発動できると後半刺さる。うっかりゲイン使い切ると動けない。
・ヤミラミが生き残るとベンチが足りなくなってクラゲを揃えられなくなることがある。
・とりあえずギャラドスが立つとドローリベンジエンドみたいなターンが増える。
・帯ギャラドスを一撃で落とすのは1体がやっと。スーポケ回収の表率が勝負を分けそう。
・立て続けにXが落ちると復帰が追いつかない。

序盤がガブレン有利、後半がギャラ有利、
最終的に五分といった感触でした。
現在この2つのデッキが2トップだと言われているようなので
もうちょっと研究が必要になりそうです。



なんとなくモチベーションが上がりました。
物販コーナーでガブリドンデッキを2つ買ってきてもらったので
これで僕もガブレンを組みます。
[ 2010/01/25 03:53 ] レポート | trackback(0) | comment(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nimonote.blog105.fc2.com/tb.php/141-7c3d3b6d