【デッキ】グラエナ・ドクロッグG:ハーフ(DP1~DPt1) 

0エネ8点の最軽量デッキ。
ギンガ・グラエナデッキを検討してみました。
デッキ名:ギングラ
フォーマット:ハーフ(DP1~DPt1)
作成時刻:2008/10/17 0:48:48

ポケモン:11枚
2: ユクシー(DP5)
1: クロバットG[ギンガ](DPt1)
2: スカタンクG[ギンガ](DPt1)
2: ドクロッグG[ギンガ](DPt1)
2: ポチエナ(DPt1)
2: グラエナ(DPt1)

トレーナー:17枚
2: 時空のゆがみ
1: ワープポイント
2: オーキドはかせの訪問
1: 月光のスタジアム
2: ポケトレ
1: ゴージャスボール
2: ギンガ団の発明G-103 パワースプレー
2: ギンガ団の発明G-101 エナジーゲイン
2: ハンサムの捜査
2: 破れた時空

エネルギー:2枚
1: 超エネルギー
1: マルチエネルギー

【主なカード】
・スカタンクG
どく状態が攻撃のキーとなるため
重要度は高い。

・ドクロッグG
相手にエネがついていないときのゴリ押しに。
カイリキーに対する保険的な役割も。

・ポチエナ
1キル防止策として優秀。

・グラエナ
0エネ8点。
自身もどくダメージを受けるので耐久力はない。
ポケボディーは一応やけど・こんらん時も発動。


まず1キルでサイド差を付け、
時空のゆがみと破れた時空によるゾンビ的な戦い方で
1:1交換を繰り返してアドバンテージを守り抜く形になるかと思います。
さしあたって必要なコンボパーツは
スカタンクG、やぶれた時空、ポチエナ、グラエナの4枚。
破れた時空をふしぎなアメ感覚で使うことになり、
構築も2進化デッキのそれに近くなります。

ポイズンストラクチャーへの依存度が極端に高いため、
サイコバインドやパワースプレーで
ターンを稼がれると厳しくなる場面があるかもしれません。
あるいは自分のスタジアムを貼れなくなると身動きが取れなくなるので
スタジアムは2種類以上が必須かと思われます。

とりあえずギンガ団ギミックを活かした構築にしてみましたが、
エネルギーを必要としない分
他のギミックを組み込んだ構築もできそうな気がします。
あと、図鑑あったほうがいいかも。
[ 2008/10/17 01:25 ] デッキ | trackback(0) | comment(5)

これ僕も組んでまわしてるんだけどさぁ、
後攻1キルけっこー難しいよね。

結構勘違いしてる人多いけど、「やけっぱち」の効果って「相手よりエネルギーが少なかったら」追加じゃん?
だから相手もエネつけてないと基本50しか飛ばないんだよね。
それでも半端ねえコストパフォーマンスだけど、このデッキ、ミラー超辛えと思ったw
[ 2008/10/17 12:54 ] [ 編集 ]

というか、ちゃんと2進化が2体たってからじゃないと殴っちゃいけない風潮を早く作ってください。
ガチャガチャガチャガチャ忙しなくて落ち着いて遊べない
[ 2008/10/17 22:48 ] [ 編集 ]

こういうゲームの序盤にリソースを集中させるデッキは
ポテンシャルを発揮するための条件が厳しかったりするんですよね。
その辺りでバランスが取られてる感じです。
[ 2008/10/18 20:42 ] [ 編集 ]

やっぱり1ターンkillを成功させるにはトレーナー次第じゃないですか2回連続でやったことありますよ
[ 2011/07/27 17:45 ] [ 編集 ]

>I'm非魔人490さん
こんな昔の記事にありがとうございます。
1キル2連続ってどんくらいの確率だろう。
気持ちいいだろうなあ。
[ 2011/08/02 02:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nimonote.blog105.fc2.com/tb.php/20-7595a06d