スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【対戦動画】シビビバレット(なにものか)VSダークM2(Tego)[L1-BW5・120325] 

所用で機材を持ち歩いていたので対戦動画を1本取ってきました。

[広告] VPS


●概要
僕が長らく使っている1積みだらけのシビビバレットと、
同じく僕が作った比較的プレーンな防御型ダークM2の一戦です。
Tego氏曰く、「SafetyなPlayingをした」とのこと。
2012年3月時点でBW4相当のカードが海外でリリースされていないのですが、
初見でダークライEXを使いこなす辺りさすが元全欧チャンプといったところ。
一方の僕は勢いよくスタートしたもののドローが次に繋がらず、
途中から押されている感じの流れになり、
要所要所で賭けに出ることとなります。
●見どころ
・机
狭い。
東京の地価は高いからね。

・山札を1枚置き忘れる(1:15)
たまにやります。
サイド落ちと勘違いする危険性あり。

・ベルとジャンクをオーキドで流す(2:04)
オーキドをキープしてベル4ドローという手もあったのですが、
この時点でのジャンクの効果の程に期待できなかったため
オーキドで全部流す判断をしました。
どっちが正解なのかはよくわからないのですが気になります。

・トルネEXの2体目は手札にキープ(2:24)
地味に2体目が邪魔になるパターンが多いので大体こうしておくのですが、
今回はこのプレイングのお陰で
手札が流されてしまい後々後継者問題で苦労します。

・にがおえで使われたNを捨てそうになる(3:51)
癖で。

・ジャンクアームできせきとディフェンダーを回収(7:48)
相手をきぜつさせるタイミングでダークライに重ね貼りして
かたきうちの一撃で落とされるのを防ぐプレイングです。
僕は返しのターンに慌ててキャッチャーとNを使い
丸腰のダークライを無力のうちに倒そうと試みることとなります。

・トルネに4枚目のエネを貼る(8:58)
返しのエックスボールで死なないレベルであれば
1体にある程度エネを固めておいて
ベンチのシビビが落とされた状況に備えておく寸法です。
結果的にエックスボールで結構なダメージを受けてしまったため
実りのあるプレイングだったのかどうかは疑問が残ります。

・手札に握っていたテラキオンパーツをNで流される(16:10)
きせきとディフェンダーが重ね貼りされていてテラキオンの効果が薄いので
タイミングを待っていたらNで全部流されました。

・ミュウツーにエネを1枚置いておく(18:00)
0エネでもキャッチャーニコタマプラパで突破される可能性があるので
倒されない方に賭けるプレイングだったのですが、
もうちょっと希望を持ってみてもよかったようです。

・Good Game!(20:17)
勝っても負けても気持ちよく握手!

●総括
ダークライ側の中盤からのリソースの爆発的増加が気持ち悪いです。
そこを見越して序盤でベンチに後続を用意しなかった罰があたったと思いました。
[ 2012/03/26 03:19 ] ムービー | trackback(0) | comment(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nimonote.blog105.fc2.com/tb.php/317-ab864762




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。