【デッキ】ゲンガー・カイリキー:ハーフ(DP1~DPt1) 

常識を覆すハーフ2色2進化2ライン。
ゲンガーカイリキーについて考えます。
デッキ名:ゲンリキ
フォーマット:ハーフ(DP1~DPt1)
作成時刻:2008/12/05 1:08:05

ポケモン:15枚
1: アンノーンG(DP4)
1: アンノーンQ(DP4)
2: ユクシー(DP5)
1: アグノム(DP5)
2: ゴース(DPs-B)
1: ゴースト(DPs-B)
2: ゲンガー(DPs-B)
2: クロバットG[ギンガ](DPt1)
1: ワンリキー(DPs-B)
1: カイリキー(DPs-B)
1: カイリキーLV.X(DPs-B)

トレーナー:11枚
2: ポケモン図鑑 HANDY910is
2: ワープポイント
1: ナナカマドはかせ
2: ハマナのリサーチ
2: ふしぎなアメ
1: ゴージャスボール
1: ギンガ団の発明G-105 ポケターン

エネルギー:4枚
2: 超エネルギー
2: 闘エネルギー

主なカード:
・ゲンガー
相手のシステムポケモンを狙撃。

・カイリキー
ワーポおとすでベンチを狙う。

・カイリキーLv.X
たね狙いに終始しがちなカイリキーの切り札。

・クロバットG
ゲンガーのあと一押しに。

・ポケターン
ゲンガーでクロバットGを落とすことを考慮し
フラッシュバイツを確実に2回使えるように。



過疎地の大会で猛威を振るっているということで
話題を呼んでいるこのデッキ。
ハーフに2色の2進化ポケモンを2ラインも突っ込んだという
これまでには考えられないなんとも欲張りな構成ですが、
意外とちゃんと機能します。

2進化ポケモンを取り巻く環境は大きく変わりました。
これまでの2進化ポケモンというのは
メインウェポンに3エネとか4エネを必要とする
重量級のものが多かったのですが、
DPシリーズに入ってから1エネでメインウェポンを扱える
軽量級のものが次々と登場しています。
その結果、それら軽量級2進化のデッキでは
これまでエネルギーに大きく食われていたスロットが一気に解放され、
遊びのある構築が可能になりました。
また、ユクシーの登場によりドローが安定するようになり、
アグノムやパールの登場でサイド落ちの恐怖も薄れました。
「重くて事故るけど回れば無敵」といったような
かつての2進化デッキのイメージは払拭されつつあります。

さて、ハーフにおいて2進化を1ライン動かすための
骨組みだと思われるパーツを
ざっと書き出すと大体以下のようになります。

2: たね
2: 2進化
2: ユクシー

2: アメ
2: 図鑑
2: ワーポ
1: ゴージャス
2: ハマナ

3: エネ

計18枚

見ての通り一揃い投入してもまだかなりスロットに空きがあります。
実際、2進化デッキを1ラインでデッキを組むと
空きスロットを何で埋めるかで結構迷うはずです。
つまり、その空きスロットに別のラインを組み込むことで
ゲンリキが成立していると考えられます。
ハーフに2色2進化2体と聞いて本当に回るのかどうか
当初疑問に感じた人も多いかと思いますが、
実際には片方の進化ラインに軸足を置きながら
それを邪魔しないよう別の進化ラインを組み込む
という形で構築されているので
安定性に関しては通常の2進化1ラインのデッキと
ほぼ同等のものが期待できます。
少なくともランパ辺りよりはよっぽど安定するはず。

基本的にはゲンガーもカイリキーも
ユクシーやクロバット辺りを狙っていく弱いものいじめポケモンなので、
一つのコンセプトに特化した構築だと言えるでしょう。
ぱっと見単なるグッドスタッフデッキですが、
ゲンガーとカイリキーを組み合わせたことによる
メリットも少なからずあります。
単にゲンガーデッキとして成立しているところに
カイリキーをタッチ投入にしてLV.Xまで積めるのは心強い点です。
これにより、単なるゲンガーデッキやカイリキーデッキに不足していた
決定打が生まれました。
あるいは、カイリキーが苦手とする大型のポケモンに
ゲンガーをぶつけることでしのせんこくによる道連れを狙う
というような役割分担もあります。
この組み合わせ考えた人すごいな。

忘れてはいけないのですが、
2進化なのでちゃんと事故ります。
万一パーツが噛み合わなかった場合手札が猛烈に腐るので
その辺りは割り切ってください。
[ 2008/12/05 02:41 ] デッキ | trackback(0) | comment(2)

過疎地って。。。。

過疎地に住んでるちゃくです(照)。
デッキよりもそこに反応しちゃいました(照)。
煮物さんらしい構築ですね。
[ 2008/12/05 10:41 ] [ 編集 ]

はるばる過疎地からのコメントありがとうございます。
自信のないデッキを公開するときは
マイルドな構築を心掛けております。
[ 2008/12/07 11:52 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nimonote.blog105.fc2.com/tb.php/37-3fe5bded