スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【デッキ】ルギアEX・クロバット・ドータクン(XY1~XY8) 

バトルフェスタ2015用のデッキを一つ。
ルギアEXのデッキです。
●レシピ
3 x ルギアEX (XY7)
3 x シェイミEX(XY6)
1 x ミルタンク(XY2)
4 x ズバット(XY4)
3 x ゴルバット(XY4)
2 x クロバット(XY4)
2 x ドーミラー(XYB)
2 x ドータクン(XYB)
20

4 x プラターヌ博士
2 x フラダリ
1 x ポケモンだいすきクラブ
1 x AZ
1 x エリートトレーナー
9

4 x バトルサーチャー
4 x ハイパーボール
1 x レベルボール
2 x バトルコンプレッサー
2 x せいなるはい
2 x ポケモンいれかえ
1 x あなぬけのヒモ
3 x ちからのハチマキ
3 x スカイフィールド
22

5 x 基本鋼エネルギー
4 x ダブル無色エネルギー
9

●概要
バトルフェスタ2015のシーズンが個人的に終わったあと、そーとくんの原案から出来上がりました。
ルギアEXを中心にクロバットやドータクンで贅沢にサポートしながら、軽いデッキ相手にはリソースを分散させながら地道に、重いデッキ相手にはリソースを集中させて一気に攻めていきます。
似たような組み合わせだと、ルギア・ドータクンにゾロアーク等を組み合わせるデッキや、クロバットを組み込んだEXデッキとしてルカリオやガマゲロゲなどのデッキも多いですが、今回紹介するデッキはそれらに比べると少し安定性や制圧力で劣る代わりに、動きに勢いをつけやすいという利点があります。
そう、全ては勢いでなんとかするんだ。

●解説
・ルギアEX
このデッキの主人公。
エアロボールからディープハリケーンまで幅広いレンジのダメージを打ち分けられます。
デッキの他のカードの力を借りると、なんやかんやで無傷のM進化が飛ぶくらいの打点に1ターンで到達できたりもします。
苦手は雷ポケモンですが、バチュルやライチュウは弱点関係なくワンパン合戦だし、MライボルトEXは弱点関係なくダメージが追い付かないので色的に不利な要素は特に感じません。
同様に、闘抵抗もルチャブルで誤魔化されるので色的に有利な要素もほぼないです。
極めてプレーンなアタッカーと言えるでしょう。
ほぼ頼り切っているので4枚欲しいところなのですが、ベンチに並べたいポケモンが他にも多くて、3枚の時点でだぶつきがちだったので泣く泣く3枚に。
バトル場とベンチに1体ずついればせいなるはいでも使いまわせるし、ミルタンクもいるのでその辺はうまいこと苦笑いで誤魔化していきたいです。

・シェイミEX
このデッキの名脇役。
ベンチに大量のポケモンを並べるために、ゲーム中何度もお世話になる、言わばサポート役のサポート役。
繰り返し使用してハンドアドバンテージを稼ぐべく「シェイミを引くためのシェイミ」が必要となるので、サイド落ちも考慮して3枚。
セットアップの直後にディープハリケーンでスタジアムごとトラッシュに落ちてせいなるはいで山札に戻る、という一連のコンボは決まると気持ちがいいです。

・ミルタンク
クロバットのオプション。
1枚いると何かと便利な非EXアタッカー枠は、定番のヒードランやお気に入りのトルネロス等検討しましたが、1番軽いこいつがやはり使い勝手がよかったです。
クロバットを並べるためにドータクンを育てるのが後回しになりがちで、それも2体立てられるのは稀なので、1エネで動いて且つ後ろのルギアにエネを撒く動きができ、立ち回りが安定します。
打点に関してもルギアEXの苦手な100前後のレンジをカバーできるので、非EXと打ち合ったりEXを削ったりと痒いところに手が届くように。
特に詰めでシェイミEXを狩る仕事はルギアEXだと少々荷が重いので、いるといないとで詰めの楽さ加減がかなり違ってくる気がします。

・ズバット
ゴルバットを複数育てる体制を早く整えるのとシェイミのスタート率を下げるという目的のため、とにかく沢山並べたい。
最大限4枚。

・ゴルバット
クロバットを手札に出し入れするコンボに備えて2体は並べておきたい。
2ターン目に引ける確率やサイド落ちする確率を考慮し、余裕を見て3枚。

・クロバット
場に出すために予めゴルバットを育てる必要があり、クロバット自体は比較的登場ターンが遅め。
大量に積んでも手札で腐っていることが多い。
1枚を使いまわせればいいのでサイド落ち警戒で2枚。
クロバットを使う場合はこの4:3:2の台形ラインが一番使いやすいと思います。

・ドーミラー
ドータクンを1体必ず立てるため、サイド落ち警戒の2枚。

・ドータクン
サイドに落ちたり序盤にプラターヌに巻き込まれたりすると苦しいので、余裕を持って2枚。

・プラターヌ博士
とにかくドロー枚数が欲しいので4枚。

・フラダリ
サイド落ちすると積んでしまうゲームが出るので2枚。

・ポケモンだいすきクラブ
サーチャー経由で使えるコルニ感覚の1枚。
このデッキはハチマキやニコタマなど、場にルギアEXがいないと意味がない上に一度トラッシュに落ちると回収できないカードを複数採用しています。
ルギアEXを引くためにそれらのパーツを巻き込んでプラターヌを打つしかない場面が続くとリソース面でジリ貧になることがあるため、他のドローソースの必要をかなり強く感じました。
とは言え、サナやオダマキ等の弱いシャッフルドロー系は安定性に欠けます。
そこで、ルギアEXを直接サーチしつつシェイミEXでドローにもつなげられるこちらのカードを採用しました。

・AZ
サーチャー経由で使えるサカキ感覚の1枚。
クロバットを回収すればゴルバット・クロバットの50ダメージ追加、シェイミEXを回収すれば最大6ドローと、このデッキではサカキの上位互換的な働きをします。
もちろん、ルギアEXを回収して回復させてもいいですし、ドータクンが縛られたときにベンチに下げる手段としても信頼できます。

・エリートトレーナー
自分より速いデッキと渡り合うための1枚。
即ちバケッチャ、ビークイン、ライチュウ辺りを視野に入れています。
こちらがEX主体のデッキである以上、これら非EXのデッキ相手に単純に殴り合うとサイドレースで絶対に勝てません。
アタッカーを尽きさせてサイドレースで逆転するためのハンデス手段として必須の1枚だと考えています。

・バトルサーチャー
ドローを安定させ、サポーターを最大限に使い分けられる4枚。

・ハイパーボール
とにかく初手でルギアEXが欲しいので4枚。
シェイミとの相性も抜群。

・レベルボール
対象が沢山いるので本当は3枚ぐらい欲しい。
ただしいくら積んでもデッキのポテンシャルの向上には寄与しないので、ハイボと合わせて5枚で我慢しました。

・バトルコンプレッサー
バトルサーチャーにドータクン、トラッシュを利用したギミックの多いこのデッキとは相性のいいカード。
中盤までに1枚使いたいという目標で2枚。
初手でサーチャーとセットで引くとラッキーなので本当は沢山積みたいですが、シェイミも多めにいることだし2枚で我慢。

・せいなるはい
トラッシュに落ちたクロバットラインやシェイミを使いまわすためのカード。
プラターヌで巻き込まれるとリソース管理が苦しくなってくるので、予備のつもりで2枚。

・ポケモンいれかえ
ドータクンやルギア等重めのカードがいくらかいるので、AZやひもも含めてどのターンにも使えるよう2枚。
初手のドーミラーやシェイミを下げるのにも、もちろんあると便利。

・あなぬけのヒモ
エアロボールのため基本的にはいれかえ優先ですが、手札で被ったとき選択肢を増やせるので1枚だけ採用。

・ちからのハチマキ
基本の3枚。
ただし、ルギアがベンチにいなくて無駄になるケースが結構あったので、1枚ゴルバットやレベルボールに回す案は検討してもよかったかも。

・スカイフィールド
クロバットラインを沢山並べるためのベンチ拡張スタジアム。
このデッキではルギアEXがスタジアム破壊効果を内蔵しているので、スカイフィールドごとシェイミEXを即座にトラッシュに送り込んで保護することができます。
デッキを中盤まで掘り進むくらいのタイミングで欲しいのと、割った後貼り直す動きを1回はやりたいので、余裕を見て3枚。

・鋼エネルギー
このデッキではダブル無色エネルギーを積極的に貼っていくため、鋼エネルギーを手札から貼る機会がどうしても少なくなりがち。
とは言え、ダブル無色エネルギーだけではディープハリケーンを打てないので絶対数確保のため最低2枚は現実的に場に出せる枚数に設定したい。
1枚はメタルチェーンのためにトラッシュに常に維持しておきたく、バトルコンプレッサーか鋼のいずれか1枚を比較的早い段階で引けるように合計7枚に。
残り4枚は常に手札からエネルギーを貼る確率を維持しておきたく、ニコタマか鋼のいずれか1枚にプラターヌ1回で到達できるようにニコタマと合わせて8枚。
いずれも確率は体感に基づいて判断していますが、大体こんな感じの理屈で5枚が最適だと思っています。
最低でも1枚あればミルタンクがなんとかしてくれる。

・ダブル無色エネルギー
ルギアEXに必須のカード。
8枚くらい欲しいけどルール上仕方なく4枚。



これで名古屋に出たかった。
大量ドローからのエネルギー加速やダメージ追加、たね・2進化・EX・非EXの使い分け等、ポケモンカードの基礎的なギミックと小規模なコンボが盛りだくさん。
必要なカードもルギアEXとシェイミEX以外はレアリティが低くて組みやすく、初心者にも打ってつけだと思っています。
ちなみに、メタルチェーンで加速してルギアを動かすので、メタルギアと呼んで欲しい。
よろしくお願いします。
小島監督には迷惑かからないようにするから。
[ 2015/12/01 04:35 ] デッキ | trackback(0) | comment(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nimonote.blog105.fc2.com/tb.php/484-c48f4e3b




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。