FC2ブログ









スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【コラム】ウソッキー、立てるor立てない?「立てる」の定義とその変遷 

20171214030306613.jpg
【ウソッキー(SM1+)】を手札からベンチに出します。
このとき、「ウソッキーを立てる」と言いますか?
言うとしたら、言わないとしたら、それはなぜですか?
レッツシンキン。
●「立てる」とは
日本語における「立てる」については、とりあえず辞書を引いてみましょう。

た・てる【立てる】の意味

ポケカにおける「立てる」は、プレイヤーが使う俗語の一つです。
一般的に、「ラフレシアを立てる」等、専らポケモンを対象とし、「ポケモンを場に出す」文脈で使われます。
公式用語ではないため、その定義や用法は曖昧です。

上記のgoo辞書からの例ですと、下記のものなんかが意味合いとして近いかと思います。

>1 ある場所にものを縦にして位置させる。

>9 事物や状態を新たにつくり仕立てる。

>13 物事を好ましい形で成り立たせたり維持させたりする。

●「立てる」の定義が揺らいでいる
ここしばらくのメタゲームでは、【ゾロアーク(SM3+)】がかなり幅を効かせています。
その対抗策として、多くのプレイヤーが【ウソッキー(SM1+)】をデッキに採用しています。
そのため、日常的なポケカ談義の中で【ウソッキー(SM1+)】が話題に上ることも増えてきました。
その中で、しばしば僕の耳に引っかかる言い回しがあります。
それが「ウソッキーを立てる」。













そんな中で、ひとつの興味深い出来事がありました。
第3回ポケモン竜王戦ポケモンカード部門の決勝戦、ヒラノさん対バンビチュウさんの対戦のニコ生にて。
以下のキャプチャをご覧ください。
ryuuou_last.jpg

バンビチュウさんことシライワ選手のベンチには2体のポケモンがいます。
1体は、メレシー(XY10)。
かるいしがついていて、ダメカンが3個乗っています。
もう1体は、マッシブーン(XY4)。
こちらは何もついていません。

7時間19分時点のこの盤面で、実況席の立花ファイヤさんから以下のようなコメントがありました。
「マッシブーン側のシライワ選手がベンチに立ててるのって?」
僕は瞬間的にかなり混乱しました。
「(えっ?『立ってる』ポケモンいなくない?聞き間違えた?)」
続けて、立花ファイヤさんは以下のようにコメントしました。
「マッシブーン?」

整理します。
立花ファイヤさんの認識では「シライワ選手のベンチにはマッシブーンが『立っている』」。
僕の認識では、「シライワ選手のベンチには『立っている』ポケモンはいない」。

ちなみに、立花ファイヤさんはイーブイに対しても「立てる」という表現を使っていました。
しかし、実況席に全く変わった様子はありませんでした。
ここでやっと僕は「立てる」の定義が揺らいでいる可能性に思い当たります。
ほんの少し前、【ウソッキー(SM1+)】と同じように、ベンチに1体(1枚)いるだけで相手の行動を制限する【バリヤード(BW8)】というカードがありましたが、このカードに対して「立てる」という表現はほとんど使われてこなかったのです。
時代のせい。
そう、これは時代のせいじゃ。

●僕なにものかの中の「立てる」観
僕が「立てる」という言葉を使うとき、対象はもっぱら進化ポケモンです。
僕の「立てる」観は「進化ライン」という言葉と明確に紐づいており、進化していないポケモンは「パーツ」、その組み合わせが「ライン」という認識です。
「パーツ」は1個のブロックのイメージで、場に「置く」ことができます。
この「パーツ」を縦に積み上げて出来上がるのが「進化ライン」で、場に「立てる」ことができます。
どちらかと言えば具体的な映像のイメージが頭にあります。

●「立てる」のアンケートを取ってみる
僕は他の人も同じようなイメージを持っていると考え、Twitterで下記のようなアンケートを実施しました。
対象は【ウソッキー(SM1+)】に絞ります。





質問:
>「ウソッキー(=たねポケモン1枚のみ)を立てる」について。
>「ウソッキーを立てる」と言わない人は、「複数枚のカードで構成されるポケモン」だけを「縦」と認識している。
>「ウソッキーを立てる」と言う人は、単に「ポケモン」を縦として認識している。
>と推察しています。
>あなたはどっち。

結果:
回答1.ウソッキー立てない派 47%(79人)
回答2.ウソッキー立てる派 53%(89人)
計168人
(※回答項目ごとの票数は割合から算出した+-1以内の近似値です。以下同様)



僕はこの結果に衝撃を受けました。
「ウソッキーを立てる」という表現を使う人が半分以上もいる。
6%差なので誤差という捉え方もできますが、少なく見積もっても半分です。
僕の感覚では、多くても3割程度のイメージでした。

●「立てる」のアンケートを取ってみる金・銀(2)
恐らく、この感覚には世代差があると考えました。
また、必ずしも「縦」という形状をイメージして「立てる」という言葉を使うわけではないとの意見をいくつかいただきました。
そこで、やや質問を変えた形で下記のような2つのアンケートを再度Twitterで実施しました。




【質問】
>「ウソッキー(SM1+)を立てる」という表現は「普通」だ、と思う方に質問です。
>ポケモンカードをどのシリーズからプレイされてますでしょうか。

[回答]
SM~ 25%(22人)
XY~ 34%(30人)
BW~ 16%(14人)
それ以前 25%(21人)
計87人





【質問】
>「ウソッキー(SM1+)を立てる」という表現は「不自然」だ、と思う方に質問です。
>ポケモンカードをどのシリーズからプレイされてますでしょうか。

[回答]
SM~ 17%(17人)
XY~ 20%(19人)
BW~ 13%(13人)
それ以前 50%(49人)
計98人



ここはやはりというか予想通りでした。
分析のためグラフにしてみます。
※アンケート項目の「それ以前~」は「old」と置き換えています。

【1】項目軸の世代別人数比較
DQ-czjUUMAAA_HN.jpg

【2】世代軸の項目別人数比較
DQ-cz1eUIAAqjvF.jpg

【3】項目軸の世代別割合比較
DQ7gMOtVAAAA46c.jpg

【4】世代軸の項目別割合比較
DQ7gMhlVwAERodg.jpg

「それ以前~」の世代で「不自然」と答えた人の数の多さが目立ちます。
更に、その「不自然」と答える人の比率が世代を追うごとに減少しているのが特にグラフ【4】から見て取れます。

●「立てる」という言葉の認識
アンケートに伴って、「立てる」という言葉について様々な言い換えの案が寄せられました。
全体的に、「完成している」「機能している」ことが意味の軸となっていて、その前段階の「どのような状態で」によって解釈が分かれているように思えます。
僕はこれらの解釈を「構造派」「機能派」「無条件派」の3つに分類しました。
若干乱暴かもしれませんが、ご了承ください。

【構造派】
ポケモンの構造や成立過程に主眼を置いているグループです。
複数のパーツで構成されて機能を果たせる状態になっているポケモン(=進化ポケモン)に対して「立てる」を使います。
単体で成立しているウソッキーは「立てる」という言葉の対象外。
上のアンケートでも示した通り、僕のような古い世代は恐らくこの層が最も多いと思います。
ピジョット(PCG1)やネンドール(DP4)を通して、「立てる」ことについて議論し尽くしてきた世代です。

・「建てる」






・「組み立てる」



・「進化」









【機能派】
ポケモンの機能や成立状態に主眼を置いているグループです。
ポケモンが期待された機能を果たせるときに「立てる」を使います。
ウソッキーは単体で機能を果たすため、「立てる」の対象です。
上のアンケートでも示した通り、比較的新しい定義かと思います。

・「準備」






・「仕事してもらう」



・「成立させる」



【無条件派】
場に出るポケモンを全て「立てる」と表現するグループです。
僕が使用例として知っているのは、現状で立花ファイヤさんただ一人。




●結論と今後の展望
以上、異論は大いに認めますというか、あんまり自信はないです。
要因分析がまだ全然できてないですが、とりあえず世代間で認識が揺らいでいることがなんとなくわかったのでとりあえず満足です。
各自色々考えたり調べたりしてもらえたらと思います。

そう、「立てる」の定義は、「機能している」ことを軸として揺らいでいるのです。
「進化ポケモン」のみに「立てる」を使用すると考える人の割合は減少しています。
代わりに増加しているのが、「たねポケモン」にも「立てる」を使用する人の割合です。
また、「機能していないポケモン」にも「立てる」を使う人が現れました。
今後、この割合は変動するでしょうし、新しい解釈が現れる可能性すらあります。
「立てる」は、人々の間に自然発生して、教育によって伝達されず、規則によって権威付けられない、言わば「野生」の言語だからです。

今後の「立てる」の歩みに注目してみてはいかがでしょうか。
きっと何の役にも「立たない」でしょう。
(全員ずっこけて暗転、飛び交う怒号と生卵)
[ 2017/12/14 03:22 ] ポケカ | trackback(0) | comment(1)

はじめまして、ポケモン20周年からポケカを始めました新参者です。
「立てる」について。面白い記事でした。
自分の考えですが、立てるの語源は「stand by」準備する、待機するの「stand」立つからきてるものと考えました。
そう考えると「stand by」には援助するという意味もあることから、すでに特性を使い援助できる状態にあるラフレシアや、ウソッキーは「立っている」と言えるのではないかと思いますがどうでしょうか?
[ 2018/03/12 07:53 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nimonote.blog105.fc2.com/tb.php/556-61cf35df




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。