【デッキ】カイリキー・レントラーGL LV.X:スタンダード(DP1~DPt3) 

SPデッキにとっての目の上のたんこぶ、
カイリキーが主役のデッキをピックアップしてみます。
ポケモン:21枚
2: レントラーGL[ジムリーダー](DPt2-B)
1: レントラーGL[ジムリーダー]LV.X(DPt2-B)
1: アンノーンG(DP4)
1: アンノーンQ(DP4)
2: クロバットG[ギンガ](DPt1-B)
2: ヤジロン(DP4)
2: ネンドール(DP4)
4: ワンリキー(DPs-B)
2: ゴーリキー(DPs-B)
3: カイリキー(DPs-B)
1: カイリキーLV.X(DPs-B)

トレーナー:32枚
2: ミステリアス・パール
2: ワープポイント
2: ナナカマドはかせ
2: 夜のメンテナンス
4: ハマナのリサーチ
4: ふしぎなアメ
1: ゴージャスボール
4: ポケドロアー+
3: ギンガ団の発明G-105 ポケターン
2: ギンガ団の発明G-101 エナジーゲイン
4: ミズキの検索
2: シロナの導き

エネルギー:7枚
2: 雷エネルギー
3: 闘エネルギー
2: マルチエネルギー

主なカード:
・カイリキー
おとす。

・カイリキーLV.X
ノーガードおとす。
大型のポケモンとの殴り合いに必須。

・レントラーGL. LV.X
相手のたねポケモンやサポートを後ろから引っ張り出す。
カイリキーでは直接戦闘で出力負けするキングドラにぶつけても有効。

・クロバットG
中途半端な出力を補う。
フラッシュインパクトの反動ダメージの受け皿としての役割も。

・エナジーゲイン
デッキの構造的にレントラーには頼れないので少なめに。



レントラーGLXとの組み合わせは既にハーフでも人気で、
序盤戦に重きを置いて短期決戦を狙います。
即死効果をもつ「おとす」はSPデッキ相手に特に凶悪な性能を発揮します。
DPt3ではパンチャーとして優秀なSPポケモンが多数登場しているため、
少し注目度も上がっているようです。

とにかく相手のたねポケモンを順番におとしていって、
うっかり育ってしまったりアンGを貼られたりしたらワーポやまなざしで回避し、
いよいよ誤魔化しきれなくなったらノーガードおとすで相打ち狙い。
動きは割と単調であんまり解説いらないと思います。
基本的な出力はそれほど高くないので、
相手の場に大型の進化ポケモンがわらわら出てくると
対処しきれなくなる可能性も。
中盤以降はカイリキーXを何回立てられるかがカギになりそうです。

DPtシリーズではたねポケモンがプッシュされているので
カイリキーは今後しばらくメタゲームをうろうろすることになると思います。
そして忘れたころにいきなりひょっと出てくるんです。
ADVの頃からあいつはそういうやつだった。
[ 2009/03/28 03:01 ] デッキ | trackback(0) | comment(2)

アヒル大王

カイリキーは昔から強かったですよね。そして最後まで通用した。今日はお疲れ様でした。チャンピオンズリーグ頑張ってください。また今度。
[ 2009/03/29 22:45 ] [ 編集 ]

ジュニアで人気だったみたいですね。
ファイナルがんばってきます。
[ 2009/03/29 23:39 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nimonote.blog105.fc2.com/tb.php/86-3e83d05f