【レポート】WCSファイナルステージ2日目[090504] 

090507_0058~01
結果報告。

マスターリーグ
1位 カイリキーLV.X・ゲンガー
2位 レントラーGL LV.X・ガブリアスC LV.X・ドクロッグG・ディアルガG(奏天さん)
3位 レントラーGL LV.X・ガブリアスC LV.X・ドクロッグG・ディアルガG(油さん)

シニアリーグ
1位 カイリキーLV.X・ゲンガー(タクくん)
2位 不明
3位 バシャーモFB LV.X・レントラーGL LV.X・ガブリアスC(かっちょ)

ジュニアリーグ
1位 カイリキーLV.X・ゲンガー(ザクくん)
2位 キングドラ(たいポン)
3位 不明

みんなおめでとう。
ちなみに僕は順当に入賞圏外でした。
レポートします。
当日朝。
疲れてるし緊張もしてるので
せっかくのバイキングなのにあんまり食が進まない。
一方、☆Jrくんがどう見ても緊張してなかったので
なんか羨ましいなあと思いました。

・・・

さて本戦。
僕の使用デッキはみれ構築の高速カイリキー
デッキチョイスに悩んでたらちょうどいい感じのレシピが転がってたので
みれさんに使い方を教えてもらいました。
ぶん回ったら勢いでなんとかなるだろうという目論見です。

1回戦 VS バシャバシャ
相手はコールエネとスパボで高速展開。
こちらも時空ネンドからカイリキーを立てておとすで1キルをかけますが、
相手がこちらの時空に便乗する形で一気に場が完成。
一旦軌道に乗ったバシャバシャはもう手が付けられません。
後攻欲しかった。
2-6 LOSE

2回戦 VS ぐるぐるクイン
ポイストを絡めつつ月光でクインをぐるぐる回すデッキです。
時空ネンドで高速展開しますが、
カイリキーが立たず1キル失敗。
持久戦に入ると色的にも圧倒的に不利なんですが、
カイリキーXを3体くらい立てられたので
リベンジやハリパンでクインをなぎ倒した結果
相手の場にパンチャーがいなくなって勝利。
この試合に勝てるとは思わなかったです。
6-4 WIN

3回戦 VS バシャレン
初手でパーツが揃っていたので、
とりあえずカイリキーを立て1キルからスタート。
下手に後ろを展開すると粘られる危険性があったので
あえてベンチを出さない方針でプレイ。
ワーポおとすで3体くらい捌き、
カイリキーが落ちるギリギリのタイミングでベンチを一気に展開。
次々とXを立てて押し切りました。
今日唯一うまくいった試合。
6-3 WIN

4回戦 VS カイゲンミュウツー(薔薇獄乙女さん)
2年振りくらいの対戦です。
手札にパーツが揃いかつ後攻で、
これはいけると思ったら相手バトル場がゴースでまっくらスタート。
時間を稼がれるとどうにもならないです。
数の力で負け。
3-6 LOSE

ここで昼食。
カイリキーで2敗したらもう圏外確定みたいなもんです。
こうなると気になるのは他の人たちの成績。
周辺の皆に途中経過を確認し、
入賞しそうな面子が大体固まってきました。
お昼ご飯がうまい。

5回戦 VSグライゲンクイン(azarashiさん)
噂のデッキです。
相手が時空ネンドから展開してきたので
こちらも時空ネンドで展開。
しかし場が揃いきると圧倒的にこっちが不利です。
グライオン本体と身代わりのクロバットが
どちらも闘抵抗を持っていてクイン回復のおまけ付き。
相性差の割にはかなり喰らい付いたのですが、
あと1体のパンチャーが立ちませんでした。
4-6 LOSE

6回戦 VSバシャレン(ブラマソさん)
コイソ兄ことブラマソさんです。
初手でネンドとユクシーを全部使って無理やりカイリキーを立てるなど、
消化試合ならではの前のめりプレイ。
完全燃焼。
この試合が一番楽しかった。
ありがとうございました。
3-6 LOSE

こうしての僕のWCSはようやく幕を閉じました。
事前の調整では狙っていたはずのバシャレンにもほとんど勝てなかったので
全敗してもおかしくないような気がしていたのですが、
なんとか少数の勝ちを拾えて一安心です。
今期はこの会場で対戦をする機会を貰えただけで上出来。

・・・

そして表彰式。
知った顔と知らない顔が半分ずつくらいコールされていきます。

おお…。
たいポンがジュニア2位…。
今回長らく一緒に練習してきたので喜びもひとしおです。
2ndからずっと僕の渡したグドラを意地で使い続けてくれていて、
これで無残な成績だったら切腹ものでしたがな。

更に。
シニア優勝のタクくんが既に世界戦の権利を持っていたため
☆Jrくんが繰り上がりで7位入賞。
僕個人が1stでお父さんからは2つも勝ち星を頂いていて、
生き残った息子さんの方はなんとかいい成績を出してもらえればなあと
思いつつ一緒に練習していたのでこれも嬉しい結果です。

あれ、なんで僕だけ圏外なんだろう。
確かに3人で一緒に練習していたのに…。
たいポンと☆Jrくんにそれぞれ握手をして、
練習に付き合ってくれたお礼を言って退場。

今回サポートに徹してくれていた大漁さんにご挨拶。
これでまたサポートの仕事がしばらく続くことになりました。

何も気づいていない☆ミさんにご子息の繰り上がり入賞を報告。
へらへら笑いながら膝から崩れ落ちる☆ミさん。
肩に飛びつく僕。
あっ、人んちのおっちゃんに抱きついてしまった。

派手なセレモニーも終わって入賞圏外の一般ピープルが次々と退出し、
会場ががらんと広くなった頃、
僕とお揃いのデッキで圏外になってしまったそーとが
落ちていたキラキラテープを拾い集めてきてくれました。
たぶんこれは高校野球で言うところの甲子園の砂。
もう一回みんなでここに来れるんだろうか。
もう一回みんなでここに来たい。
がんばろう。
と思いました。

忘れちゃいけない。
世界戦のサポートという新しい仕事もできました。
がんばらないと。

以上。

・・・

番外編。

090504_1609~01

「ダメカン積み」に次ぐ、
新たな対戦前後の暇つぶしを開発しました。
「ダメカンマン」。
卓移動の直前に高速で組み上げて逃げろ。
そんなことばっかりやっていたら、
キングM田Jrから「アンパンマンの帝王」の称号を頂きました。
とりあえず喜んでおきます。
[ 2009/08/11 09:29 ] レポート | trackback(0) | comment(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nimonote.blog105.fc2.com/tb.php/99-c58723f5