【レポート】ジムバトル・ゼロワン綱島店[20180211] 

朝起きて出勤の代わりにジムバトル行くの気持ちいー。
ゼロワン綱島店に行ってきました。

●概要
レギュレーション:XY1~SM5
使用デッキ:鋼シルヴァディ
形式:スイスドロー3回戦
参加者:5名
結果:3-0(1位)
[ 2018/02/11 13:52 ] レポート | trackback(0) | comment(0)

【レポート】ジムバトル・ゼロワン綱島店[20180128]  

近所なのに久々。
ゼロワン綱島店に行ってきました。

●概要
レギュレーション:XY1~SM5
使用デッキ:鋼シルヴァディ
形式:1回戦
参加者:2名
結果:1-0(1位)
[ 2018/02/06 03:23 ] レポート | trackback(0) | comment(0)

【レポート】タナベガササキのポケモンカードライブ[180127]  

20180206024846611.jpg
タナベガササキのポケモンカードライブに行ってきました。
今回は2部の「3人のポケモンカードライブ」と3部の「ポケモンカードトークライブ」。
出演は田邊利博(ゴールドラッシュ)、ササキユーキ(ねじ)、VEGAのお三方。
ゲストはせじも(ねじ)、リーダー(ニュークレープ)のお二方。
[ 2018/02/06 03:14 ] レポート | trackback(0) | comment(0)

【トピック】ポケカユーザー史概論・2018年版 

「ポケモンカードの歴史」が語られるとき、その物語の主役は誰か。
トピックとして真っ先に挙がるのは、発売されたカードや開催されたイベント等。
つまり、多くの場合、主役はポケモンカードそのものと「ポケモンカードを作る人達(=メーカー」です。

ところが、その先にいた「ポケモンカードを遊ぶ人たち(=ユーザー)」の活動については、あまり語られることがありません。
あったとしても、多くの場合それは断片的です。
その物語は、個人の記憶に紐づいていて、その集合体の中でだけ生きているのです。
そして、誰かが繋ぎ合わせない限り、古い順に失われていってしまうことでしょう。

そんなわけで、「『みんなと』ポケモンカードの歴史」、つまり「ポケカユーザー史」の話をしようと思います。
今回は、そのざっくりとした全体像を、概論としてお届けします。
ポケカユーザー史の せかいへ レッツゴー!

あとで またあおう!
[ 2018/01/23 05:51 ] レポート | trackback(0) | comment(0)

【レポート】公認自主大会(ジャッジ)・第2回 BATTLE X ROAD[20180113]  

20180115023426231.jpg
第2回 「BATTLE X ROAD」(バトクロ)にジャッジとして参加してきました。
ジャッジだって参加者です。
[ 2018/01/15 03:18 ] レポート | trackback(0) | comment(0)